正しい離婚弁護士の探し方

交通事故についてのお金の事は弁護士に相談が良い

交通事故の被害者でも加害者でも保険に入っているなら、保険会社がまずは出て来ます。

加害者でも被害者でもどちらの立場になっても、放っておけば話が何時の間にか終わって示談金が提示されます。保険会社には毎月保険料を支払わなければなりません。そして加害者の立場でも被害者の立場でも、交通事故が起きた場合には、その加害や被害に合わせたお金が支払われる事になります。ただこの示談金等の計算は保険会社によってそれぞれ変わって来ます。

基本的に保険会社は、支払うよりも利益も考えなければなりません。この示談金等の計算方法についてですが、3つの基準があります。自賠責保険と任意保険と弁護士の基準です。任意保険の場合は保険会社の独自の基準によって金額が決定されるのですが、場合によっては納得出来無い金額を支払われる事もあります。被害者の場合は正当な金額の要求をしたいでしょうし、加害者の場合は過剰な払い過ぎはしたくないでしょう。

その場合に弁護士基準がポイントになって来ます。交通事故の場合は、弁護士基準での計算が一番多い金額となります。何故ならば裁判の判例などを基準にしているからです。他にも保険会社も法律の専門家である弁護士が間に入って来ますと、ごまかしが出来ませんし、訴訟リスクも検討をしますので、正当な金額を支払うしかなくなります。だから交通事故を起こした場合でも、被害にあった場合でも弁護士に依頼をする事で、正当な金額を提示して貰う事が出来ます。
協議離婚の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *